WAN設定を事前に行う場合はOmada Controller (v5 or above)

設定ガイド
更新済み07-04-2022 09:47:10 AM 44120
対象製品: 

構成によっては、ネットワークにOmadaEAPとスイッチはありますが、Omadaゲートウェイがなく、また元のルータをOmadaゲートウェイに置き換える必要があります。 ここでは、OmadaゲートウェイをAdopt(導入)する前にWAN設定を事前に設定する場合についてを紹介します。



設定

手順1.WAN設定の上書きを有効にし、ゲートウェイのモデルを選択して、WANポートの数を設定します。

Omadaコントローラにログインし、Settings-WiredNetworks-Internetにアクセスすると、次のようなページが表示されます。
 


デフォルトでは、[WANSettingsOverrides]は[Disabled]です。 以下のようなページが表示されるように有効に設定してください。




Gateway Modelで対応するゲートウェイを選択し、必要に応じてWANポートを設定します。 [Apply]をクリックして設定を保存します。

注:Link Backup機能では、オンライン検出間隔が使用されます。 この機能を使用しない場合は、Disableのままにしておくことができます。



手順2.WANの設定を行います。

次に、対応する connection type (接続タイプ)を選択し、次のISPから提供される情報を入力します。
 




設定が完了したら、必ずページ下部の[Apply]ボタンをクリックして設定を保存します。


注意:入力する接続タイプと対応する情報がわからない場合は、ISPに問い合わせるか、前のゲートウェイで確認してください。



Step3.OmadaGatewayのAdopt

OmadaゲートウェイをAdoptするには、この article を参照してください。

このFAQは役に立ちましたか?

サイトの利便性向上にご協力ください。

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。